借金・ローン > 借金・ローンとは? > 遅延損害金は利息制限法の制限利率の何倍?

遅延損害金は利息制限法の制限利率の何倍?

遅延損害金にも制限がある

遅延損害金は利息制限法の制限利率の1.46倍に規制されているので、最高利率は二九.ニパーセントとなる。これを超える部分については無効になる。

損害賠償の予定

損害賠償は、債務不履行があった場合、実際に発生した損害を賠償するのが原則である。しかし、その算定は実際には困難な場合が多いので、契約を締結する時点で、債務不履行があったときに実際に発生した損害額にかかわりなく、予定した額の損害賠償をする特約を結ぶ。これを損害賠償の予定といい、そこで遅延金損害も決まる。

借金をすると期限までに返済しなければならないが、返済できない場合には債務不履行となり、発生した損害を賠償しなければならない。この損害賠償のことを遅延損害金と呼んでいる。利息制限法第4条では、「金銭を目的とする消費貸借上の債務の不履行による賠償額の予定は、その賠償額の元本に対する割合が第一条一項に規定する率の146倍を超えるときは、その超過部分について無効とする。」とうたっている。

遅延損害金の制限

つまり、利息制限法はお金の貸し借りの場合の遅延損害金についても制限を設けており、制限利率の1.46倍までとしている。下のように、上限の金利は借入額によって異なっている。

これを超える遅延損害金の定めをしても、超える部分については法的に無効になるのだ。

さらに、遅延損害金の定めがない契約の場合は、利息制限法の制限利率と同率しか認められていない。よって、借金の契約をする場合には、必ずこの遅延損害金に関する条項を確認することが大切だ。特に、消費者ローンなどのような高金利のローン契約の場合はなおさらである。



PR