借金・ローン > 借金・ローンとは? > バランスシートとキャッシュフロー表

バランスシートとキャッシュフロー表

企業会計でおなじみのバランスシートは、家計でも役に立つ。これで「わが家の正味の資産額」をつかむことができる。シートは左半分の欄に預貯金や住宅(時価)などの資産を、右半分の上の欄に住宅ローン残高を含む負債を記入する。そして左側の資産合計から、右側の負債合計を引いた金額が、右半分の下「わが家の正味の資産額」になる。これがマイナスの場合は、家計が債務超過状態ということ。この状態でローンの返済が困難になった場合は、対応の選択肢が狭くなるので、早めに借金を圧縮する方向で家計を見直していかなければならない。

新築マンションの価格は、開発・販売業者の粗利益や販売コストが二割くらい上乗せされているので、購入直後でも時価は二割程度下がる。頭金が二割以下なら、ローン残高のほうが大きい「逆ザヤ」の状態が当分続くことに。預貯金があまり残っていないと債務超過のカラータイマーが点滅を始めることになる。

それと企業の資金繰り表とも言えるのが、家計のキヤッシユフロー表。この表は、今後の家族のイベントをふまえ、収入と支出のデータをもとに将来の年間収支や貯蓄残高をシミュレーションするもの。チェックポイントは、ここだ。

  1. 今後も貯蓄ができる年間収支になっているか。
  2. 教育費の負担が増える時期にも貯蓄残高はマイナスにならないか。
  3. 短期固定の住宅ローンなどの金利が上がった場合、収支はマイナスにならないか。
  4. 繰上げ返済のできる貯蓄残高になっているか。

そして、これらの表は、購入前に活用してこそ、無理のない住宅ローンを組む目安としてもお役に立つのである。

家計バランスシート

【資産】

金融資産

  • 預貯金
  • 投資信託
  • 株式

不動産

  • マンション

その他

【資産合計】

【負債】

借入金

  • 住宅口一ン
  • クレジットカード未払金
  • 税金・社会保険料未払金

【正味資産】

   

【負債・正味資産合計】



PR