借金・ローン > 借金・ローンとは? > 「利息制限法」の制限税率は何パーセント?

「利息制限法」の制限税率は何パーセント?

利息制限法と出資法の矛盾が混乱の元

利息制限法と出資法では、制限金利が異なる。これにより、金利を規制する法律が二つあることになり、グレーゾーンと呼ばれる、文字通りグレーな金利が発生している。

利息制限法とは?

金利を規制する法律に、一九五四年に制定された「利息制限法」という法律がある。それは、元金の額によって、次のように金利が規制されている。

  • 元金10万円未満 :年20%
  • 10万円以上100万円未満:年18%
  • 100万円以上:年15%

上限を超過する部分の金利は無効になり、請求されてもその分は払わなくてもよい。

利息制限法と出資法の関係

問題は、利息制限法には「抜け穴」があるということだ。それは、「出資法」という、金利について定めている別の法律があること。

出資法は、同じ一九五四年、ヤミ金融を防止する目的で制定されたものだが、特定の出資金や預かり金を禁止しているほか、上限金利を二九・二パ-セントと定めているのだ。

この二つの法律が同時に存在していることで、高金利の消費者ローンの問題を複雑にしているといえる。つまり、利息制限法で違反する金利であっても、出資法で制限する金利以下ならば、一定の条件の下で有効、つまり違反とはいえないことになっているのだ。

たとえば、元金一〇万円未満の場合の利息制限法の上限金利20パーセントと、出資法で定められている上限金利の29.2パーセントの間の9.2パーセントを、金融業界では「グレーソーン金利」と呼んでいる。



PR